出展者さま紹介3:川越 多江さん

結晶の花大阪グループ展@展示担当です。
今回は川越 多江さんのご紹介です。

出展者さまインタビュー

お名前と活動地域を教えてください。

川越 多江です。
花とパステルのアーティストとして福岡と宮崎を中心に活動しています。
パステルと押し花の融合などの楽しみ方も提案中です。

 

あなたにとって結晶の花とは?

2015年にティーチャーになりました。
それまでのパステルの印象を大きく変えてくれました。
結晶の花とパステリーナ達との交流は、
私に様々な可能性とインスピレーションを与えてくれます。

 

好きな結晶の花の描き方は?

「窓花」です。
窓の中に自分の世界を閉じ込めて、
窓の外にも違う世界を作り出し、その両方を紙に表していく。
そんなイメージでいつも描いています。

 

あなたを色で表すとどんな色?

萌木色(もえぎいろ)
新緑を表す色です。いつまでもこの色が似合う自分でありたいと思っています。

 

描くときによく使う色と苦手な色を教えてください。

黄色→緑→青と変化する色使いが多いですね。
茶色のパステルは減りが遅いところを見ると苦手なのかもです。

作品

 

川越 多江さん、ありがとうございました!
ご連絡先は出展者さまご紹介ページをご覧くださいね♪

ただいま、月、水、金の20時に出展者さまのご紹介を行っています。
また次回をお楽しみに♪




ご来場頂きました皆様へ。ぜひご感想をお寄せ下さい。
>>ご来場者様アンケートはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA